葉の上にある錠剤と笑顔の女性
  • ホーム
  • ピルの三属性と一属性って何?

ピルの三属性と一属性って何?

避妊用の低用量ピルというのは、正しく使えばほぼ確実な避妊ができるほか、副効用として、生理の周期を安定させるといったメリットもあるため、幅広い女性に愛用されています。
こうした避妊用のピルには、一相性と三相性という種類があり、それぞれに違った特徴をもっています。
まず、避妊用のピルに含まれている、避妊のための有効成分としては、卵胞ホルモン、黄体ホルモンとよばれる、ふたつの女性ホルモンと同様のはたらきをする物質があります。
卵胞ホルモンや黄体ホルモンというのは、生理のはじまりとおわりに女性の体内から自然に多く分泌されるホルモンでもあります。
こうしたホルモンのはたらきをする物質を、微妙な調合によって組み合わせてできているのが、避妊用のピルということになります。
一相性の場合には、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの錠剤あたりの配合量が、すべての錠剤で一定であるという特徴があります。
こうした単純なつくりであるため、たとえば21日分入りのパッケージであれば、どの錠剤を飲んでも効果がかわらないということになります。
いっぽうの三相性のほうですが、生理周期をもとにして飲むことになるひとつのパッケージのなかでも、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの分量が、飲みはじめからの日数に応じて、3段階に切り替わるというかたちになっています。
要するに、錠剤ごとに有効成分の分量が違っていることがあるため、あらかじめ決められている日付にしたがったものを飲まないと、期待した効果が発揮できなくなってしまう可能性があるわけです。
そのかわり、自然に分泌されるホルモンにできるだけ近くなるように分量が調整されていますので、吐き気や不正出血などといった副作用が起こりにくいというメリットがあります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ