葉の上にある錠剤と笑顔の女性
News

一般にピルとよばれている錠剤は、経口避妊薬という種類の医薬品であり、この錠剤を毎日服用することによって、ほぼ確実ともいえるような避妊の効果があらわれるというものです。
ピルのなかには黄体ホルモン、卵胞ホルモンという、女性の身体から分泌される女性ホルモンとおなじ作用をする合成物質が含まれていますので、これが排卵を止めたり、子宮内膜が厚くなるのを防いだりして、受精や着床から守られるというわけです。
こうしたピルのなかに含まれている卵胞ホルモンなどが多すぎる場合には、しばしば副作用の症状も出るので要注意であるといえます。
かつての時代には、ホルモンの量が多めの中用量ピルが一般的であったために、吐き気、嘔吐、頭痛、腹痛などといった、副作用がかなりはげしくあらわれたものでした。
現在ではホルモンの量が少なめの低用量ピルとよばれるものが主体となっているために、副作用についてもそれほどはげしくはない可能性があります。
しかし、人によっては体質的にピルが合わないということがあるもので、低用量のものであったとしても、やはり吐き気などの症状になやまされることはあるものです。
こうした場合ですが、最近では超低用量ピルとよばれるような、さらにホルモンの量が少ないものも登場していますので、こちらに切り替えるか、または他の銘柄を試すということが考えられます。
ふつうの場合であれば、吐き気などの副作用が起こったとしても、それは一過性のものであって、ピルを服用しつづけているあいだ、数日から数週間も経過すれば、ひとりでに症状が消失するものです。
そのため、ひとつのシートを服用し終わるまで待っても副作用の症状がなくならないかどうかというのが、一定のめやすとなります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ